株式投資の基礎とは?株で利益を出すための基本をご紹介

株式投資の基礎

株式投資を始めたいけれど、何から始めれば良いかわからないという方は非常に多いと思います。

そこでまずは、株式投資で利益を出す基礎を知り、どのような投資を心がければよいかを知ることが重要です。

本記事では株式投資の基礎をご紹介し、あなたが株式投資の第一歩をうまく踏み出すための情報をご提供します。

【この記事を読んで得られる情報】

株式投資で利益を出す基本の考え方

・あなたがこれから学んでいくべき株式投資の知識

株式投資の基礎

株式投資の初心者の方は口座を開くと、よくわからないまま証券会社や雑誌でおすすめされている株を買ってみる人が多いようです。

例えば、配当金が多くもらえる、株主優待が良い、これから株価急上昇が期待できるなどの理由です。

しかし、ほかの人のおすすめを買っているようでは、おすすめの馬券を買うギャンブルと大差ありません。

あなた自身が株式投資の知識を身につけ、自分で株を選び、売買するのが一番です。そのためにも、株式投資に必要な知識を知り、どのように勉強していくのが効率的か把握することが重要となります。

そこでまず知るべきなのは「株式投資の基礎」です。

株式投資は極論、株価が低い時に買って高い時に売れば、損は出ず、売却益が得られます。初心者の方は配当金や株主優待などに目が行きがちですが、株価が大きく下落すれば結局、配当金や株主優待以上の損を出してしまいます。

つまり、株式投資で一番に注意すべきことは株価の変動によって起こる損得であり、いかにして株価が安い時に買い、高い時に売るかを追求することが大事だということです。

安い時に買い、高い時に売るための知識

さきほど説明した通り、株式投資はいかにして株価が安い時に買い、高い時に売るかを追求することが重要となります。

そして世の投資家たちは株価が低い時に買って高い時に売る方法をたくさん生み出してきました。例えば、デイトレード、中長期投資、スイングトレードなどの投資スタイルがその方法にあたります。

投資スタイル

これらは投資スタイルの中のほんの一例であり、他にもさまざまな投資スタイルが存在します。しかし、どのスタイルにも共通するのは如何に株を安く買い、高く売るかを模索していることです。

投資スタイル以外にも方法はたくさんあり、投資家は自分に合った方法を模索して日々勉強し、安く買い、高く売る確率を上げようとしています。

あなたがこれから学ぶべきこととは、この「安く買い、高く売る」確率を上げるための知識、方法となります。

まとめ

株式投資は、いかにして株価が安い時に買い、高い時に売るかを追求することが基本であり、一番重要な観点であります。

株式投資を学んでいくということは、株価が安い時に買い、高い時に売るための知識、方法を学び、突き詰めていくこととほぼ同義になります。

次の記事では、その知識や方法の代表的なものや、効率的に知識を身につけるための手段についてご紹介します。


フォロー