株とは何か?初心者に株の仕組みをわかりやすく伝えます

あなたは株とは何か、どのような仕組みで成り立っているのかご存知でしょうか?

株の仕組みは株式投資を行う上で最低限知っておくべき基本となりますが、案外ここを理解せずに始めてしまう人が多いようです。

本記事では株式投資を始める人が知っておくべき株の基本を解説します。

株とは何か?

ではまず、株とは何かを説明しましょう。

株とは、会社が活動資金を集めるために発行する証書のことです。

株は証券会社を通して買うことができます。会社はこの株を売って得たお金で活動しています。

一方、株を買う我々は、会社の活動資金を支援していることになるため、オーナー(株主)として扱われます。そして、オーナーとして会社の経営に参加する権利や、活動によって会社が得た利益の一部をもらうことができます。

TIPS 会社の経営に参加する権利とは

株主総会と呼ばれる「会社における意思決定の会議」に出席し、意見する権利を指します。会議への出欠は必須ではなく、欠席してもなんの問題もありません。

株主総会では役員の人事や報酬、会社のルール(定款)などを決めます。株をたくさん買った人がより強い決定権を持つことができます。

つまり株は、投資家が株を買って会社にお金を出資し、会社は得たお金で活動し、会社が出した利益を投資家に還元してもらうという仕組みで成り立っています。株を売買して利益を得ようとすることを株式投資と呼びます。

株の仕組み

株を発行する目的

会社は通常、銀行から短期借入金や長期借入金などのお金を借りて資金調達しますが、銀行から借りたお金は期限内に必ず返さなければなりません。

一方、株で集めたお金は返す必要がなく、返済期限を気にする必要がないため、会社の活動が進めやすくなるメリットがあります。

投資家も会社の利益の一部を得ることができ、会社と投資家がWinWinの関係を築くことができる良き資金調達方法のひとつなのです。

投資家が利益を得る仕組み

では、株を買うことで得られる投資家の利益とはどのようなものなのでしょうか?

実は、株を買うことで得られる利益は大きく分けて3種類あります。

配当金(インカムゲイン)

一つ目は「配当金」です。インカムゲインとも呼ばれます。

これは前述していた「会社が出した利益の一部を得る権利」のことです。投資家が会社のオーナーになったことで、会社が出した利益の一部を配当金として受け取ることができます。

配当金は買った株数に応じた金額が年に1~2回支払われます。配当金の額は会社によって異なり、たくさんの配当金を出す会社では出資した金額の5%も支払う会社もあります。なお、配当金を出さない会社もあります。

売却益(キャピタルゲイン)

売却益(キャピタルゲイン)

二つ目は「売却益」です。キャピタルゲインとも呼ばれます。

投資家が買った株は証券会社で別の投資家に売ることができます。株を売ると、オーナーである権利を放棄することになりますが、買ったときの株の値段(株価)よりも高く売れた場合、利益が出ます。これが売却益です。

例えば、400円の株を100株購入し、400円 × 100株 = 4万円を支払ったとします。その後株価が上昇し、800円になったところで100株すべてを売却した場合、800円 × 100株 = 8万円を得ることができます。売却益は8万円 – 4万円 = 4万円となります。

TIPS 株の売買単位

おおよその会社の株は100株単位で売買されます。これを単元数と呼びます。単元株数より少ない株数では売買できない決まりになっています。なお、1,000株単位の会社などもあります。

なお、株価が変動するのは(証券会社を通して)投資家同士で株の売買が可能だからです。

例えばX社の株を売りたい一郎さん、次郎さん、X社の株が欲しい三郎さん、四郎さんがいたとします。

一郎さんは700円、次郎さんは680円で売ると宣言し、三郎さんは680円、四郎さんは660円で買うと宣言します。この場合、次郎さんと三郎さんは売りたい価格と買いたい価格が680円で一致するため、売買が成立します。一方、一郎さん、四郎さんは希望価格が合わないため売買できません。このとき、成立した株価(680円)がX社の現在の株価となります。

投資家同士で活発に売買が行われるため、会社の株価は成立したその都度変動し続けるのです。現在の株価より高くても買いたいという人が多ければ株価は上がり、現在の株価より低くても売りたいという人が多ければ株価は下がります。

板情報

株主優待

三つ目は「株主優待」です。

株主優待とは、感謝の気持ちをこめて会社がオーナー(株主)に対して送るものです。株主優待には「商品券」や「自社製品」、「優待食事券」など企業によって様々です。

持っている株数によってもらえる株主優待は変わります。ただ、株数に比例して変わるわけではないため、一番良い塩梅の株数を把握しておくのが良いとされています。

株を購入した会社が赤字になったら?

株の仕組みでよく不安視されるのが、株を購入した会社が赤字になった場合、オーナー(株主)がお金を払わないといけないのでは?ということです。

これは会社が赤字になってもオーナー(株主)は何も責任を負う必要はありませんので、何もする必要はありません。

ただし、会社が赤字になれば投資家たちはその会社の将来を不安視して株を売りたくなるはずですので、ほとんどの場合、株価は下がります。そうなれば、持っている株は買ったときの株価よりも下がり、株を売ったときに損をする可能性があります。

また、赤字が続いて会社が倒産した場合、会社自体がなくなるため、持っている株は価値を失います。株を購入したお金は戻ってきません。株の最大のリスクは企業の倒産なのです。

万が一、借金したお金で株を購入し会社が倒産した場合は、借金を返せなくなります。バブル崩壊期に取り沙汰された借金まみれの人たちというのは借金したお金で株を買い、バブル崩壊によって株価が急落したり倒産したりして、借金を返せなくなった人たちなのです。

だからこそ、株を買うときは成長期待が持てる会社を正しい方法で選ぶ必要があるのです。

まとめ

株とは何か、理解いただけたでしょうか。

結論、株とは会社が投資家から活動資金を集める仕組みのひとつでした。

株を売って得た資金は会社が経営する上での重要な活動資金となるため、投資家に株を買ってもらうためにも会社は良い業績を堅実に上げ続け、配当金や株主優待などを提供することが求められます。

本記事を読んであなたも株の仕組みを理解し、投資家として株式投資の知識を深めていきましょう。

次の記事では株式投資のメリット、デメリットについて解説いたします。


フォロー