株式投資をするメリットとは?デメリットや注意点も細かく解説

株式投資で資産運用する場合、どんなメリットとデメリットがあるんだろう…

本記事ではこのような不安、疑問を解消します。

【この記事を読んで得られる情報】

株式投資による資産運用のメリットデメリットを詳しく理解できる

株式投資のデメリットを小さくする方法がわかる

株式投資は配当金や売却益、株主優待などが得られる資産運用方法のひとつです。現在、老後資産形成を目的に株式投資を始める人が増えています。

私も早く脱サラしたい一心で株式投資をはじめ、約10年となります。その間の試行錯誤の甲斐もあり、7桁台の利益を出すことができています。

そんな私ですが、最初は右も左もわからず、まずは株式投資のメリット、デメリットから調べていたのを覚えています。

今回は「株式投資で資産運用する場合のメリット、デメリット」について解説したいと思います。

株式投資のメリット

まずは株式投資のメリットを4点ご紹介します。

①売却益(キャピタルゲイン)を得られる

株式投資の一番のメリットは、非常に大きな売却益(キャピタルゲイン)が得られることです。

売却益とは、買ったときの株の値段(株価)よりも高く売れた場合の差益のことです。投資で得るほとんどの利益はこの売却益(キャピタルゲイン)となります。

下記は実際に起こり得る売却益の例です。

  • 10万円で株価1,000円の株を100株購入した後、好決算の影響により株価が1日のうちに1,200円まで上昇

  • 10万円で株価1,000円の株を100株購入し、長期保有。企業が継続的に成長し5年後に株価が10倍

大きな売却益で有名な実例でいえば、パズドラを提供しているガンホーが有名です。

ガンホーはパズドラ公開から1年で株価100倍を達成しています。

つまり100万円で購入していれば1年間で1億円まで増え、+9,900万円の利益を得ることができたのです。

  • 1年間でガンホーの株価が14円から1,633円まで上昇

このように、株式投資で大きな売却益を出し、自分の資産を増やす投資家がたくさんいます。

目的は様々ですが、子供の学費を作ったり、苦しい生活を楽にしたり、サラリーマンを辞めて投資で生計を立てる人までいます。

また、株式投資は、働かなくてもお金がお金を増やしてくれる方法です。

この実働なしで大きな売却益(キャピタルゲイン)が見込める点こそ、株式投資の最大のメリットなのです。

お金でお金が増やせたら、例えば100万円の貯金が毎月10万円ずつ増えていったら、すごくワクワクしないでしょうか。

かくいう私も株式投資を1か月勉強し、最初の1年で30万円を100万円に増やしました。

②配当金(インカムゲイン)を得られる

配当金とは、会社が稼いだ利益の一部をオーナー(株主)へ配分するお金のことです。

配当金額は決算の利益額に応じて企業が決定し、オーナー(株主)は保有している株数に応じて配当金を得ることができます。そのため、保有している株数が多いほどたくさんの配当金が得られることになります。

配当金のメリットは、できるだけ株価が下落するリスクの少ない会社、かつ配当金の多い会社を選べば、ローリスクで銀行よりも良い利益が得られるということです。

③株主優待を得られる

株主優待とは、保有する株数に応じて企業が株主に対して自社の商品やサービスを提供することです。

例えばイオンの株主優待では、半年間のうち100万円までの買い物は買い物金額の数%を保有株数に応じてキャッシュバックされます。

イオンの場合は100万円分の株を保有していれば4%キャッシュバックされるようです。

株主優待に併せて配当ももらえるので、イオン系列のお店を使う人にとってはメリットのある投資となります。

ほかの企業もクオカードやギフトカード、株主優待券など様々なものを株主優待として提供しています。

④経済や政治に詳しくなる

株式投資をする場合、経済や政治に詳しい方が投資を有利に進められます。

そのため、株式投資をしていれば投資先としてより良い企業を選ぶために経済や政治について調べることになり、詳しくなることができるのです。

特にサラリーマンはこのメリットが思いのほか大きいでしょう。株式投資で利益を得ながら、本業にも良い影響を与えることができ、非常に魅力的な副業となります。

株式投資のデメリット

次に、株式投資のデメリットを2点ご紹介します。

①損失が出るリスクがある

株式投資は大きな利益が得られるメリットがある分、損失を出すリスクもあります。

滅多にないですが、1日で株価が20%下げるときもあるほどです。また、投資していた会社が倒産すれば、持っていた株はすべて価値がなくなってしまいます。

しかし、そういったリスクは投資方法や投資先の選び方でかなり下げることができます。株式投資はこのリスクをどれだけ下げられるかで勝敗が決まります。

私は時間がかかっても良いから極力低リスクでハイリターンな投資ができる方法を模索し、ピーターリンチが実践していたグロース割安株長期投資法のアレンジ版に行き着きました。その際に参考にした下記書籍は私のバイブルとなっています。

ピーター・リンチの株で勝つ―アマの知恵でプロを出し抜け

②投資額が比較的大きい

株式投資に必要な金額は比較的大きいです。しっかり利益を出すには、最低でも10数万円は用意する必要があります。

ただ、株式投資を少額から始めたいという方は多いはず。そのような方のために、SBIネオモバイルという1株から株が購入できるサービスがあります。

SBIネオモバイルでは、1株であれば数百円から株を購入できるので非常に少額で始められます。また、Tポイントで株を買うこともできるため、Tポイントカードを利用している人には特におすすめのサービスとなります。

まとめ

株式投資の最大のメリットは、実働なしでもお金が10倍、100倍に増える売却益(キャピタルゲイン)が得られる点であることを紹介しました。

他にも配当金(インカムゲイン)や株主優待が得られる点や、経済や政治に詳しくなる点もメリットとして挙げられます。

ただし、もちろんデメリットもあり、お金が減る、あるいは失うリスクも伴います。株式投資はこれらのメリット、デメリットを十分に理解した上で、どれだけリスクをコントロールして大きなリターンを得るかが重要となります。


フォロー