あなたの投資スタイルがたった5分で診断できる!投資スタイルの3つのポイント

株式投資における投資スタイルは非常に重要である。

しかし投資スタイルは何を基準に決めればよいのか、判断に困ることと思う。

そこで本記事では、何名かの長期投資の億万投資家、短期投資の億万投資家について調査し、「長期投資」と「短期投資」のどちらの投資スタイルに向いているかを確認する観点をまとめた。

あなたに合う投資スタイルの選定

あなたに合う投資スタイルは何か

次の3つの観点で確認しよう。

・職業

・投資の目的

・許容できるリスク

職業

投資スタイルを選択する際に初めに確認すべきは、あなたの「職業」だ

基本的に、株の投資ができる時間帯は株式市場が開いている平日の9時〜15時である。

株式市場が開いている時間帯に仕事をせず、パソコンもしくはスマホで株価をずっと眺め、取引も自由にできる職業であれば短期投資が可能だ

世の短期投資家はこの時間帯にパソコンの画面に張り付いて投資をしている。

つまり、日中仕事をしている人が短期投資をすると非常に大きなハンデを背負うことになるのだ。

日中仕事をする人は長期投資を選択しよう。

投資の目的

投資スタイルの選択で次に確認すべきなのは「投資の目的」である

投資の目的はお金を増やすことである。

お金を増やしたい理由には、老後の資金、子供の学費、仕事を辞めたいなどなど様々ある。

ここで確認すべきことは、下記3点だ。

・お金が必要な時期

・必要なお金の量

・投資するお金の量

私の場合、子供の学費のために元手300万円を5年後には1000万円、10年後には2000万円に増やしたいため、下記を設定している。

・お金が必要な時期 : 10年後

・必要なお金の量 : 2000万円

・投資するお金の量 : 300万円

基本的に、お金が必要な時期が1年以上先であれば長期投資が良いだろう。

長期投資は、投資するお金を5年間でおよそ2倍程度まで増やすことを目標にすると良い

もっとお金が必要な人は投資するお金の量を増やすべきだ。

逆に、1年を待たずにお金が必要な場合は短期投資だ。

短期投資であれば稼げるお金の量には際限がない。

億万投資家で有名な短期投資家のテスタさんの場合、元手3000万円から半年間で2億6000万円にまで増やしている。

ただし、職業の観点で既に短期投資に向いていない人はやめておいた方が良い

テスタさんも言及しているが、日中帯にずっと株の取引ができることが短期投資の絶対条件なのである。

許容できるリスク

投資スタイルの選択で最後に確認するのは「許容できるリスク」だ

まず、短期投資には相当なリスクがある

一企業に対する一日の値動きの最大幅はおよそ±20%程度である。

短期投資であれば1日のうちに何度も取引することができるため、3回取引すればそれだけで元手が±60%になることもなくはないのだ。

もちろん実際にはこのようなことはそう起こらない。

ただ、それだけのリスクがあることを知っておいてほしい。

投資は余剰資金でやるのが当たり前だ

その意味で言えば、失っても問題ないお金なのだから許容範囲などないかもしれない。

しかし現実的には、余剰資金でも必死に貯めた大事なお金だ。失いたくない気持ちはあるだろう。

そのため、数日でお金の20%、30%を失うことが耐えられないなら、短期投資はやめておいた方が良い。

精神が持たない。

先程紹介したテスタさんでも、負けていた時期は吐いたり血尿が出たりしたそうだ。

一方、長期投資もリスクがない訳ではないが、株価が下がるリスクを最小限にすることができる

株価と業績の動きは長期的に見れば比例関係になる

つまり、業績好調を維持できる企業は株価も比例して上がることになり、そういった企業を選択すれば、リスクをかなり下げられるのだ

自身が耐えられるリスクはどの程度か考えてみてほしい。



まとめ

如何だっただろうか。

自身が短期投資と長期投資のどちらの投資スタイルに向いているか確認して頂けたなら幸いだ。

本記事のまとめは下記の通りである。

短期投資、長期投資どちらに向いているかは次の3つの観点で確認しよう。

【職業】

9:00~15:00の時間帯に仕事がある人は長期投資

・9:00~15:00の時間帯がフリーの人は短期、長期ともに可

【投資の目的】

1年以上先にお金が必要なら長期投資

・1年未満にお金が必要なら短期投資

【許容できるリスク】

数日で20~30%のお金を失うリスクに耐えられないなら長期投資

・数日で20~30%のお金を失うリスクに耐えられるなら短期投資

短期投資、長期投資で必要な知識は大きく異なる。

これから投資を始める初心者の方は、投資のことを勉強する前にまずは投資スタイルを決め、学ぶ方向性を決めることをおすすめする


フォロー